Angularで作るER DIAGRAM TOOL – 第十三回 many-to-manyのリレーション作成の実装

(1)many-to-manyのリレーションシップ作成機能

/src/app/service/data.service.ts
https://github.com/dog-ears/er-diagram-tool/commit/b9911a0a182ff33d0dc910910baad7dc71c11cea#diff-ae990bb302f27e60323deb45d6746b17

・addManyToManyRelation()の中身を実装

・新しくできるpivotモデルの名前は、
source_model.name + target_model.name
または、
target_model.name + source_model.nameとなります。
※どちらが先に来るかは、昇順で決まります。

また、pivotモデルは、
[source_model.name]_id と [target_model.name]_idという名前の2つのschemaを持ちます。

cap13_1

これで、many-to-manyリレーションシップの実装も完了しました。
次回は、Export JSON を実装します。

スポンサーリンク
(English) google_adsense
(English) google_adsense

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
(English) google_adsense