laravelの開発環境構築

前回、ruby on rails で、
Cloud9 – github – CircleCI – heroku 環境を作りましたが、
今回は、laravelで同様の環境を作ってみたいと思います。

(1)Cloud9にlaravelインストール

■Cloud9でLaravel5の環境構築【cloudpack 大阪 BLOG】
http://cloudfish.hatenablog.com/entry/2015/09/18/022222

すごい・・・楽チンです・・・。
以前は、composer入れて、もろもろ設定して・・・大変だったのに。いい時代だ。

(2)Cloud9 ⇒ github連携
ここは、githubにリポジトリ作って、
Cloud9のコンソールから普通に操作。

(3)herokuの設定。
一応、環境変数設定

BUILDPACK_URL
https://github.com/heroku/heroku-buildpack-php

あと、Add-on「ClearDB My SQL」追加。
DBがらみの環境変数を設定。

DB設定の詳細は、前に書いた記事を参考
http://dog-ears.net/wp01/?p=105

(4)github ⇒ CircleCI ⇒ heroku 連携

circle.ymlは以下のような感じで書いてます。

machine:
  timezone:
    Asia/Tokyo
  php:
    version: 5.5.9
deployment:
  production:
    branch: master
    commands:
      - heroku maintenance:on --app [アプリ名]
      - git push -f git@heroku.com:[アプリ名].git $CIRCLE_SHA1:refs/heads/master
      - heroku run 'php artisan migrate' --force --app [アプリ名]
      - heroku maintenance:off --app [アプリ名]

最後に、CircleCIで、連携するGithubのリポジトリを指定。

これで、環境構築完了。
もう、レンタルサーバー借りなくても、サイト構築できるんだなぁ。

ということで、今回はここまで。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *