5分でできる laravel CRUD-d アプリケーション(dogears/CrudDscaffold パッケージのすすめ)

laravelで基本的なCRUD-dアプリケーションを生成するパッケージを開発したので、使い方について、簡単に紹介します。

■dog-ears/crud-d-scaffold
https://packagist.org/packages/dog-ears/crud-d-scaffold

作成されるアプリケーションの仕様は以下の通り

(i) 新規登録(C)、詳細表示(R)、更新(U)、削除(D)に加えて、複製(d)も可能。
(ii) indexページにて、単語での検索、および範囲指定が可能。複数条件も可。

では、やってみましょう。


[準備するもの]
・laravel v5.2
・laravelcollective/htmlパッケージ

まず、上記のインストールはすませておきましょう。

■インストール

(i)composer.json の require-devにパッケージ追加して、composer update

#/composer.json
"require-dev": {
"dog-ears/crud-d-scaffold": "1.*"
}

ここまでで、3分。

(ii)サービスプロバイダの追加

#/config/app.php
'providers' => [
dogears\CrudDscaffold\GeneratorsServiceProvider::class,
]

(iii) Artisanを実行して、インストールされてるか確認。

php artisanを実行すると、以下コマンドが追加されています。

- 'make:scaffold' : スキャフォールド アプリ作成
- 'delete:scaffold' : スキャフォールド アプリ削除
- 'make:relation' : 1対多関係作成
- 'delete:relation' : 1対多関係削除

■アプリ作成

(i) HTMLリソースのパブリッシュ

php artisan vendor:publish --tag=public --force

(ii) [AppleType]モデルと[Apple]モデルの作成。

php artisan make:scaffold AppleType --schema="name:string" --seeding
php artisan make:scaffold Apple --schema="name:string,apple_type_id:integer:unsigned" --seeding

(iii) マイグレーションとシーディング

php artisan migrate
php artisan db:seed

(iv) [AppleType]モデルと[Apple]モデルを多対一関係でつなぎます。

php artisan make:relation AppleType Apple

これで、2つのアプリができました。
/apples/または、/appleプレビューして確認してください。

ちなみに削除方法は、以下の通り。

(i) リレーションシップ削除

php artisan delete:relation AppleType Apple

(ii) アプリ削除

php artisan delete:scaffold AppleType
php artisan delete:scaffold Apple

なお、マイグレーションファイルや、
各アプリ共通で使うものについては、削除されません。
必要であれば、手動で削除してください。

以上、簡単なパッケージの紹介でした。
詳細な機能については、回を改めて書こうと思います。

何か、おかしな点とかあったら、つっこみもらえるとうれしいです。
では。

【キャプチャイメージ】

cap01
cap02
cap03

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です