laravel開発日記 第2章 第2回 ~githubとherokuの連携環境 構築~

前回は、hetemlからgithubにpushするところまで終了しました。
今回は、githubとherokuの連携環境を構築していきます。

実際のアプリの動作は、以下で確認してください。

■heroku ~ dorothy3
http://dorothy3.herokuapp.com/
ID:user2@dog-ears.net / Pass:pass
または、 ID:user3@dog-ears.net / Pass:pass

まず、herokuでアカウントを作ります。

■heroku
https://www.heroku.com/

この後、phpアプリの始めかた~みたいな文章を読めと言ってくるのですが、無視。 toolbelt(herokuコマンド)も一応インストールしたのですが、 GUIでもなんとかなるので、基本toolbeltは使わない方向で進めます。

ここで一つ重大な注意点があります。

■Laravel5 を Heroku にデプロイ
http://qiita.com/mm36/items/343e23b60a5795997e88

普通にlaravelをherokuにデプロイすると、 なんと、node.jsと認識されてしまう・・・。 なんどデプロイしなおしても治らなかったので、 結局全部削除して、最初からアップするはめになりました。以下、初デプロイ前に必ずやること。

herokuの環境変数(アプリ詳細ページ – Settings – Reveal Config Vars)にて、 BUILDPACK_URL に https://github.com/heroku/heroku-buildpack-php を入れる。

上記おまじないが済んだら、今度はDeployタブから、「Github」を選び、「Connect」を選択。リポジトリ名で、自分のgithubを検索・選択して、 masterブランチを選び、そして、「Automatic Deploys」を実行。 これで、連携設定は完了。 あとは、GitHubにPushすると、自動的にherokuにも反映されます。
※反映は、ちょっと時間がかかるようです。
※Activity Feedで、「Build succeeded」と出るまで、気長に待ちましょう。

では、アプリを開いてみましょう。 上部メニューから、Open App・・・ しかし、エラーが発生。 本来、publicにすべき公開ディレクトリが、 ルートになっている模様。 公開ディレクトリを変更するためには、 ルートに「Procfile」というファイルをアップロードすればOKです。

中身は、1行。

web: vendor/bin/heroku-php-apache2 public

だけです。 これで、無事開始画面が見れるようになりました。

次回は、herokuでMySQLデータベースを設定します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です