Windows10でのLaravel Homestead構築方法 まとめ

ども、dog-earsです。
今回は、Windows10上でLaravel Homestead 環境構築をする方法について、まとめました。

■Laravel 5.8 Laravel Homestead(公式)
https://readouble.com/laravel/5.8/ja/homestead.html

では、やっていきましょう。

(1) virtual boxをインストールする。

■virtual box
https://www.virtualbox.org/

(2) Vagrantをインストールする。

■Vagrant
https://www.vagrantup.com/

(3) ローカルにプロジェクトフォルダを作成し、コマンドプロンプトでそこに移動する。

以後、[project folder]とする。

(4) boxファイル作成
vagrant box add laravel/homestead

途中の質問は、「virtualbox」と回答

(5) Gitリポジトリのクローン
git clone https://github.com/laravel/homestead.git Homestead
cd Homestead

この時点で、ディレクトリ構成は下記のようになっています。
[project folder]
– Homestead

(6) 初期化&Homestead.yamlの設定変更

初期化する

init.bat

次に、コードを置くフォルダとssh鍵を置くフォルダを、下記のように作る。

[project folder]
– .ssh
– code
– Homestead

最後に、Homestead.yamlを修正する。

folders:
- map: C:\[project folder までのフルパス]\code
to: /home/vagrant/code

sites:
- map: homestead.test
to: /home/vagrant/code/public

ポイントは2つ。

foldersのmapは、絶対パスで指定する。
(初期値の~/codeだとつながりませんでした。)

sitesのmapは、デフォルトのhomestead.testがおすすめ。
サイトによっては、homestead.appとしている記事もありましたが、
.appは実在するため、問題が発生するようです。

(7) hostファイルに以下追加。

C:\Windows\System32\drivers\etc\hosts

192.168.10.10 homestead.test
(8) SSH鍵の作成

.sshフォルダに移動してから、

ssh-keygen -t rsa

デフォルトで、
・id_rsa
・id_rsa.pub
ができるはず。

(9) vagrant 起動
vagrant up
(10) sshで仮想マシンに入る
vagrant ssh

あとは、

sudo composer self-update
composer create-project laravel/laravel code --prefer-dist

などでLaravelをインストールすれば、

http://homestead.test/

で、サイトが見えるようになります。

ただし、このままdusk(ブラウザテスト)を走らせようとすると、
問題が発生するようです。

dusk環境構築については、次回の記事にまとめようと思います。
では。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする